住み良い街作りの為には害獣の追い出しが必要|ハクビシン対策は事前の準備が大事

女性

家に近づけさせない工夫

不動産

ハクビシンを家に侵入させないためには事前の対策が重要です。ハクビシン対策は、ゴミを放置しない、定期的に雑草を刈るなど簡単なものが多いので、誰でも直ぐに実行出来るはずです。

詳しくはこちら

撃退グッズの有効な使い方

ハクビシン

ハクビシンは、今や住宅街でも目撃例の多くなった害獣です。油断していると家の中に音も立てずに入ってきてしまいます。気づいた頃にはハクビシンの排泄物などで家が腐敗して、リフォームすることになったりする場合もあるのです。ハクビシンの被害を受けないための最善策は、事前にハクビシン対策を講じることです。ハクビシン対策の方法は様々あり、お金をかけずにできるものや、道具を使ったものなどがあります。自分でできるハクビシン対策は、ゴミを放置せずに決められた曜日にしっかり出す、甘い匂いがする缶ジュースはきちんと洗ってゴミに出すなどです。ちょっとした心がけ次第で実行できる方法なので、すぐにでも実践するべきです。また、ハクビシンの行動範囲を狭めるために、定期的に雑草を刈る、木の剪定をするなど、庭のお手入れも怠らないようにしましょう。庭の見通しを良くすることはハクビシン対策に非常に有効なのです。このような簡単な方法以外に、本格的にハクビシン対策を行なうのなら、電気柵や捕獲器を使うと良いでしょう。家のフェンスと電気柵を上手く併用すると、確実にハクビシンの侵入を防ぐことができます。これらの対策グッズの効果を発揮するために、自動撮影カメラを使っても良いでしょう。夜間現れるハクビシンの行動パターンを撮影してくれるので、罠や電気柵をどこに設置するべきなのか把握できます。毎日の心がけと、専用の対策グッズを使ってハクビシン対策をしっかり行ないましょう。適切なハクビシン対策を行えば、業者に依頼する手間と費用を省くことができるのです。

複数のグッズを併用しよう

住宅

ハクビシン対策のグッズはたくさんありますが、中でも、フェンスと電気柵、忌避剤、捕獲器を揃えておくようにしましょう。このグッズを上手く併用していくと、ハクビシン撃退に効果を発揮します。

詳しくはこちら

行動パターンを把握する

インテリア

ハクビシン対策用の自動撮影カメラを一台設置するだけで、ハクビシンの侵入予防に大きな効果を発揮します。行動パターンや侵入経路を把握できるので、罠にかかる確率も一段と高くなるのです。

詳しくはこちら