住み良い街作りの為には害獣の追い出しが必要|ハクビシン対策は事前の準備が大事

笑顔の男性スタッフ

複数のグッズを併用しよう

住宅

現在、都会の住宅街でもハクビシンを見かけることが増えてきました。ネズミと違い、一旦家に侵入させると個人で駆除することができません。そのため、まずは侵入させないために対策を練りましょう。ハクビシン対策の原則は、寝床を作らせない、侵入経路を作らない、餌場を作らないです。最低限この3つを守れば、ハクビシンが家に進入するのを防げるはずです。道具を使わないハクビシン対策もありますが、より効果を発揮させるためには、やはりハクビシン対策のグッズを使用すると良いはずです。ハクビシン対策のグッズはホームセンターや通販などで購入できるので、一度覗いてみましょう。
基本的なハクビシン対策グッズは、フェンス、電気柵、忌避剤、捕獲器です。他にもたくさんありますが、最初はこの4つの道具を揃えましょう。ハクビシンは運動能力が高く、通常のフェンスだけでは侵入を許してしまいます。そこで電気柵を併用すると、電流に驚き、住宅に入ってこなくなります。また、ハクビシンの苦手な臭いが、ニンニクや石油などの臭いです。この臭いが付いている忌避剤を選んで使えば、より効果的です。捕獲器を設置するときは、寝床、餌場周辺などの場所を選ぶと比較的簡単に捕獲できます。ハクビシン対策のためにこれらのグッズを利用して、快適な生活を送りましょう。また、最近では動物保護の観点から作られたハクビシン対策グッズがあります。それが赤外線センサーです。赤外線センサーはハクビシンを傷つけること無く撃退できるので、徐々に需要を高めているのです。