住み良い街作りの為には害獣の追い出しが必要|ハクビシン対策は事前の準備が大事

笑顔の男性スタッフ

行動パターンを把握する

インテリア

ハクビシンは夜行性で、人間が寝ている間に活動します。そのため、昼間などにハクビシンを探しても上手く見つけることができません。だからと言って、ハクビシンを捕まえるために夜中まで起きているのは健康上よくありません。そこで、ハクビシン対策のために自動撮影カメラを設置してみましょう。なぜ自動撮影カメラがハクビシン対策に有効なのかといえば、ハクビシンの行動パターンが把握できるからです。ハクビシン対策のためのグッズは、捕獲罠などあります。しかし、ただやみくもに設置してもハクビシンを捕らえることはできません。また、フェンスや電気柵を置くにしても、ハクビシンの侵入経路が分からなければ、設置しても意味が無いのです。自動撮影カメラを設置することで、罠や電気柵をどこに設置するべきなのか一目で判断できるようになります。ハクビシン対策でグッズを買ったのは良いけど、どこに置くべきなのかわからないと悩んでいる人は、自動撮影カメラも併用してみましょう。また、自動撮影カメラのシャッター音に驚き、ハクビシンがその場から退散する可能性もあるので、一台設置するだけで十分ハクビシン対策になるのです。この自動撮影カメラは大学や行政機関などでも広く使用されていて、その効果の高さが実感できます。また、ハクビシン対策用のカメラは、およそ三万円前後なのでそこまで高額な値段ではありません。業者に依頼して費用がかさむよりも、事前のハクビシン対策に少しお金をかけた方が経済的なのです。