住み良い街作りの為には害獣の追い出しが必要|ハクビシン対策は事前の準備が大事

笑顔の男性スタッフ

家に近づけさせない工夫

不動産

ハクビシンは、漢字で書くと「白鼻芯」とかき、その名の通り鼻筋の色が白くなっています。主な生息地はアジアで、近年日本でもたくさんの目撃例があります。ハクビシンは約五十センチほどの長さで、小さな隙間でも潜りこむことができます。また、木登りが得意で高いところに移動出来る上、ジャンプ力も非常に高い動物です。よく電線の上を歩いているのを見かけるはずです。ハクビシンは雑食で、昆虫や小動物以外に野菜や果物も食べます。そのため、ハクビシンが農家に現れると栽培している作物を荒らしたりと、数多くの被害をもたらします。ハクビシンの被害を出さないためには事前の対策が重要になってきます。
ハクビシン対策はたくさんの方法があります。例えば、ゴミを放置しない、缶ジュースに残った汁はしっかり洗う、作物を収穫した後、畑に何も残さないなどです。これらは日頃の心がけですぐに実行できるはずなので、意識して行ないましょう。他のハクビシン対策は、寝床を作らせないことです。ハクビシンは家の中や周辺に巣を作ってしまいます。そのため、ハクビシン対策のために定期的に雑草の処理をしたり、壁などに空いた穴はすぐに塞いだりして巣作りができない環境をつくりましょう。また、木の枝を選定したり、庭の掃除を行なったりして見通しをよくすることもハクビシン対策に繫がります。ハクビシンは見通しがよくなると警戒心が強くなり、住宅に近づいてこないのです。ハクビシン対策用の道具を購入する前に、これらの対策を行なって様子をみましょう。